menu
 

ビデオ撮影と映像制作(動画制作)の違い

撮影も目的が異なると撮影方法や機材も変わります。その為目的を明確にする必要があります。

記録撮影なのか、映像制作(動画制作)どちらかになります。このどちらかによって大幅に変わります。

記録撮影は後ほど何があったのかわかるように撮影しますので、途中でカメラの録画を止める事は基本ありません。1時間であれば1時間撮影し続ける事になります。例えば舞台やイベント等では流れを記録する為の撮影になりますので流れを止める事無く撮影します。

映像制作では録画を止めます。NGシーンがあればもう1回同じ事をやり直します。例えばネジを締める映像を撮る場合、カメラはズームアップして撮るのか引いて全体を撮るのか「都度」考え撮影します。邪魔な物が映るようならば片付ける等1つ1つ映像を作る事が映像制作です。

どちらも一緒ではなく目的にあった撮影が必要になります。

この記事を読まれた方は、是非下記記事も合わせてお読みください。

1時間10000円からのビデオ撮影 映像VTR制作ならおまかせください

  • 各種イベント撮影
  • 映像・VTR制作
  • ビデオ撮影のみ
  • ビデオ編集のみ
  • セミナー撮影
  • DVD・Blu-ray作成