セミナーを動画で撮影するメリット

社内、社外向けに様々セミナーを開催されています。しかし折角開催したセミナー、勉強会などをその場限りで終わらせるのは勿体ない事です。

当日出席出来ない人へのフォローはどのようにするのか
紙の資料を無くしてしまった、特定の箇所を勉強したい
社内の履歴として残っていない

等様々あります。過去の実績としてこのようなセミナーを行った。来られなかった方と再度勉強したい方へのフォローをどのように行うのか。これを一挙に解決する方法が「セミナー撮影」です。

セミナー専用撮影 文字がハッキリ見える撮影

スクリーンの文字って読みにくくないですか?

表やグラフの数字、何が書いてあるのか見えないケースは非常に多くあります。「資料は別途用意してるから」では効率的に勉強する事は出来ません。

セミナーを撮影する場合、スクリーンと人物を同時に撮影することは困難です。人物を中心に撮影すると画面が明るくなるため文字が読めない
スクリーンを中心に撮影すると「人物が暗くなるため顔がわからない

これはスクリーンの方が明るい為どうしても起きる現象です。他に「文字が読めない」ケースがあります。これはプロジェクターを撮影している以上避けて通れない内容になります。

1台のカメラで撮影するには限度があります。
弊社セミナー撮影は社内勉強会やスライドに映像を組み込むケースの多い医療系セミナーにも多数対応しており、コスト面とメリット両面からお客様をサポート可能です。

kamuiのセミナー撮影 スライド撮影

弊社でのセミナー撮影は「スライド画面が見えない」ことはありません。スライド画面を専用機器で別途撮影しますので、文字が見えない事無く撮影できます。

PCにソフトをインストールする事無く撮影しますので、手間無くPCやスマホ、タブレットなど様々な端末での画面を撮影します。

また、スライドをそのまま録画するので紙の資料が不要になります。これによりペーパーレス化も同時に行う事が可能です。

スライド撮影費用

登壇者の方の姿を撮影する為に1台のカメラ、PCの画面を収録する為の専用機器が1台となります。

セミナー撮影
基本撮影料 20000円
撮影料1時間 10000円 + スライド撮影料 10000円/1時間(3時間以降一律30000円)

この中には

  • 撮影費(カメラ1台、カメラマン1名)
  • 編集基本料
  • オープニングタイトル作成(簡易)
  • VTR終了時白フェード
  • カット箇所指定3箇所まで
  • エンコード回数2回まで(修正2回まで)

が含まれています。作成するVTRは1本になります。
※本作業以外の編集を行う場合通常の編集費が発生します。
※DVD制作作業は別途となります。

【注意】以下のケースでは別途費用が発生します。
・登壇者が固定ではなく左右に動く場合
・納品する動画の本数が複数本になる場合