menu
 

動画制作における予算とクオリティー 高い?安い?

映像を作る

製品案内やサービス紹介等1本の動画で説明を行う場合動画制作や映像制作と呼ばれます。 単純に記録する撮影と異なり1つ1つの映像をまさに作る事になります。 最たる所ではTV CMは15秒の時間に目的と見せる内容を考え作るものであり 15秒の映像の為にトータル何日もかかるわけです。 

クオリティーとコスト 

単純に機材の質の違いがクオリティーを左右する部分はあります。ですが、業務用機全般であれば最低限質は担保されていると言えます。目的の映像を撮影する為に特殊なカメラを使う場合等を除いては問題無い内容かと思います。 

ではどこにクオリティーを左右する部分があるかと言うと要因は様々ありますが 

1つは時間です。どれだけの時間かけて考えて細部まで作り込めるのか。 

ハイクオリティを作る為 ヒアリング 

何を撮るのか。商品なのかサービスなのか施設なのか明確にする必要があります。 何も無く「撮ってください」ではプロでもただ撮るだけで、魅了する映像にはなりません。 

なので、何を撮るのかをヒアリングする事になります。 

高品質な映像制作の為に 構成準備 

撮影するものが運べる物であれば良いですが、運べない物の場合現地で確認する必要があります。内容次第では使用する機材が変わりますので、事前確認も重要です。暗い所であれば照明が必要ですし、その場の音も撮る場合音の確認も重要です。 

高品質な映像制作の為に 構成 

単純にどのような映像を作るのか。何を説明するのか、何を伝えるのか。その目的をヒアリングした後 シナリオを作ります。絵コンテを作り撮影する内容を確認します。 

絵で説明をするのである程度ラフな内容で構成しますが、効果音、テロップ内容、ナレーション原稿、アニメーションの有無などもここで決めます。 

高品質な映像制作の為に 仮撮影 

ケースバイケースですが、絵コンテではわかりにくい場合仮に撮影をして具体化して内容を再確認します。仮撮影とはいえ、機材等は本番同様にする場合と仮用機材で撮る場合もあります。 

動かせない物であればどうにもなりませんが、運べる物であれば場合によってスタジオで撮る方が良いケースもあります。スタジオであれば余計な物は映りませんし、撮影の環境としては一番良いです。 

高品質な映像制作の為に 撮影 

仮撮影をしなくても本番撮影は当然行います。社内等で撮影するケースもありますが余計な物が映るのが困る場合はスタジオでの撮影になります。スタジオも様々種類があり、事前に広さや必要機材、撮影に必要な小物等リスト化しつつ対応する必要があります。多くの方が「思っている以上に時間がかかった」と仰います。 

撮影は3分程度の完成物のために数時間~1日以上かかるケースもあります。 

高品質な映像制作の為に 編集 

映像を繋ぎ合わせ不要な箇所を削る作業だけではありません。掲載するテロップのデザイン、アニメーションの作成、BGMや効果音の選定、映像の加工では特殊効果(エフェクト)や色加工、音声の処理もあります。 

他にナレーションでは最大級はスタジオで収録するので、スタジオ費、音響機器を調整する為のオペレーター、ナレーター等の費用が発生します。そしてこの作業を経て完成となります。 

ヒアリング→構成準備→構成→(仮撮影)→撮影→編集 

以上の流れはしっかりと1つ1つ考えて構成する場合の撮影プランの1つです。 ですが、この撮影方法には避けられない点があります。 

映像制作は高い

避けられない内容それは「費用」です。 

絵コンテ(シナリオ)を作る為には撮影する物を知る必要があります。目的も聞かなければなりません。文字1つとっても表現に差がでます。なのでヒアリングだけでも1度や2度確認した程度では終わりません。トータル何日もかけてヒアリングし、必要な情報を得て初めてシナリオ作成が出来ます。 

何処で撮るのか。事前に確認する事も本来重要です。ロケハンという言葉を聞いた事がある人は多く居るとおもいますが、事前に撮影場所を確認する事は機材を選択する上で重要です。 

撮影本番では選んだ機材を使用して撮影をしますが、当然リハーサルした上で撮影します。いきなり本番!ではどんなプロも無理です。 

編集に関してもアニメーションを作成する場合はイラストを作成しなければなりません。制止しているテロップでもデザインを行う必要がある場合デザイナーがデザインを行いますが、構成時にこの点も考える必要があります。 

このような内容を通常行う事により映像制作は高額になるわけです。

関わる人の数もカメラマン、音声、照明、グラフィックデザイン、ナレーター、レコーディングスタッフ等人件費も高コストになる要因です。

なので、予算とクオリティーは基本比例します。ただし、かければ良いと言う話でも無いですし、皆様予算には限りがあるわけで

弊社ではできる限り予算に合う形での提案を行っております。

もちろんクオリティーを優先したい場合にも対応致します。
できる限り作業内容を圧縮する事で全体の費用を下げる事が可能です。しかし当然初見で対応を行うには限度もあるので予算と目的、品質次第になります。