menu
 

インタビューによる事例紹介 決定したからわかる事

インタビューによる事例紹介

利用者や導入された会社担当者に「インタービュー」を行う事で実際にどのような検討をされたのか、注目した点、比較した点、決定理由を伺う事は現時点で検討中の方に対する良きアドバイザー的スタンスで話を見る事が出来ます。

しかし、従来からある写真と文字だけではなく「映像」を使う事でその可能性は更に高く出来ます。

写真と文字だけでは伝わらない「目線」

目は口ほどにものを言うという通り「目線」や「目」はその人を物語ります。写真でもこの目線を表現できますが、映像では目線に「動き」が加わります。その為、思い入れや感情までも表現できたり、強さや信念なども感じられます。

声で伝えるインタビュー

その人の声で話を聞くことが出来ればよりリアリティーが強まります。イントネーション、声質、大きさから出てくる言葉は文字だけよりも、より印象深い内容で記憶されます。

現在検討中の方に対して自分の考えを聞いて貰えると導入の可能性は非常に高まります。

複数のカメラで伝える仕草

1台のカメラだけではなく、複数台のカメラで顔や仕草を撮影する事で空気感や時間も合わせて表現でき、1台だけで撮影する場合と比べると異なる印象を与えることが可能です。TVでも1台だけで撮る場合もありますが、多くは複数台のカメラで撮影を行い、一番良い印象を与えられる映像でインタビューを撮影します。

映像だから出来る「思い」を伝えるインタビュー

インタビューで知りたい事は「何故決めたのか」理由です。検討中の方にとって同じ内容で迷ってる場合が当然あるはずです。なので、リアルな声で話を聞ける事で導入や利用に近づきます。

弊社では医療系のインタビューや外壁施工のインタビュー、講義に関する内容やNPO等の法人業務説明等幅広く対応しております。

ケースによってはワイヤレスピンマイク等の使用も無料で対応しております。次に繋げる為のインタビュー撮影を是非ご検討ください。